TOP > 

組合概要 > 

組合長あいさつ

組合長あいさつ

御挨拶

下関唐戸魚市場仲卸協同組合のサイトを訪れていただいた皆様、
現在理事長(代表理事)を務めております中川雅則です。

当組合の組合員は、下関市に開設されている下関南風泊市場、下関漁港市場、下関唐戸市場の3市場にて仲卸としてセリに参加し、
安全安心な水産物の流通に携わっています。

三方を海に囲まれた下関は、古くから多くの魚介類の産地であり、
また交通の要衝として近隣の産地で水揚げされる水産物の集散地としての役割も果たしてきました。


取扱う品目で特徴的なのはフグ、ウニ、クジラ、アンコウなどですが、
中でもフグについては日本唯一のフグの専門市場である下関南風泊市場でのセリに参加することのできるただひとつの仲卸組合であるということが最大の特徴でしょう。

トラフグをはじめフグの仲間には毒があることが知られています。
このような美味でありながら危険な魚を安全安心に流通させるために、我々はプロ中のプロであるという自覚と誇りを持って日夜励んでいます。

これからも、全国で下関の新鮮な魚介類をお楽しみいただけるよう、さらに精進していく所存です。

ページトップ